自由猫の日記

2017年11月 9日 (木)

今現在、品切れとなっている商品のお知らせです

今日は。
シエナの大多和聖美です。
 
いつも大変お世話になっております。
 
今年も沢山のご注文をいただき、
ありがとうございます<(_ _)>
 
2017年11月9日現在、以下の商品が品切れとなっております。
 
〈オリーブオイル 2017年搾りより〉
 
●シチリア産オリーブオイル ポリフェーモ 250 ml
 
※500mlは在庫がございます。
 
〈赤ワイン〉
 
● ブルネロ ディ モンタルチーノ クパーノの全てのヴィンテージ 
 
〈白ワイン〉
 
●イル サンジョ’16
 
こちらの商品をお考えの場合は、大変申し訳ございませんが、
他の商品をお選びいただけますよう、
お願い申し上げます<(_ _)>

|

2017年11月 3日 (金)

黄昏のスプマンテ

スプマンテを注文した。

黄昏の海色に輝くグラスから
小っちゃな幸せがプチプチと弾け、口に含むと、
果実の甘味は、秋の穏やかな海同様に、優しいトーンで体に広がってくる。

記憶の余韻も長く続くワイン。

また飲みたくなる美味しさです。

Img_1102

Img_1122

Img_1120

Img_1111
Img_1110

Img_1105

|

50歳に近づくから、剪定!

朝の8時過ぎにパトリッツィオから電話が入った。

「キヨミ、明日から天気が崩れる。
 海に行くなら今日が今年最後だ。どうする?」

いつもなら「行こう!」と即答するけど、
やり終えたい仕事があったので少し躊躇った後、
「行きましょう!」と返事をした。

後部席の窓からモッラが上半身を乗り出して、
車がやってきた。

「仕事があるけど、海に行くわ。
 この前みたいに夕食をレストランでとらずに、
 早めに帰ってくる事にする。
 夜に仕事が出来るから。それから、
 今日は現金の持ち合わせが20ユーロしかないの。
 銀行で下ろし忘れた」

「キヨミ~、色々と考えすぎ。
 これから一日が始まるというのに、
 帰りの時間なんて考えなくていいんだ。
 ガソリン代と食事をする金なら俺もある。
 車が走って、キヨミがいて、モッラがいて、
 それでいいんだよ。
 お金を下ろすために何処に立ち寄るとか、
 時間を決めてルートを計画すとか・・・
 思考から解放されるんだ!」

「そうだった! 私、すぐに考えてしまうわね!」

私は9月に入ってから腰の痛みに悩まされていた。

「秋からのオリーブオイルやワインの発送、
 どうしよう?」

焦りを募らせ、整体に通い、ストレッチをし、
病院消で炎鎮痛剤を処方してもらったけど、
腰の痛みは1か月を過ぎても治らずに
私は暗くなっていった。

そして発送の仕事に取組み始めたあたりから、
腰の痛みが軽くなった。

梱包作業を始めてからは、
不思議と腰の痛みが感じられなくなった。

「腰痛ってストレスや思考が影響するっていうけど
 本当なんだ!」

私は典型的なA型で、計画を緻密に立てたり、
物事を考えすぎてしまうタイプだ。

頭や気持ちを使いすぎると体に症状が出る事を知った今、これから先に進むには、抱える事を少し減らして、思考を軽くしなければ、と思った。
切り捨てる事を「可能性の縮小」と捉えないで
「思考の剪定」と呼ぶ事にする。

母体を健全に、そして
将来の実りを確実なものとしていくための手段。

50歳に近づくにつれ、体や気持ちの不調や波に翻弄されるけど、なんとなくこれからの生き方のリズムが分かってきた。

ますますイタリア式スローライフで、
心身の健康を心がけます!

Img_1062_2

Img_1045_2


Img_1074_3

Img_1061_3

|

2017年10月22日 (日)

海でリセット!

火曜日、パトリッツィオは足の痛みが辛くて
家でじっとしていた。
翌日、彼はいつもの検査の為、
朝の5時の電車でボローニャに向かった。

私も調子が良くなくて、血液検査と尿検査を受けた。

結果は、異常なし。

何となくさえない日が続いたので
「海にでも行こうか?」と言うと、
「行こう!土曜日にな」と彼は言った。

土曜日の朝、鳩のような薄灰色の空を見て、
「海はなしね」
と思いつつパトリッツィオに電話をすると

「今、キヨミの家に向かってるところだ!」
と言われたから、私は慌てて身支度をした。

海に着くと釣り大会が開催されていて
「犬禁止」の看板があった。

車で3度移動してみたが、
どこも釣り競技の人の姿があった。

私は機嫌を悪くして「もうシエナに戻る」と言うと

「それを言っちゃ、お終いさ」と言って、
パトリッツィオとモッラは釣り人の少ない方向にズンズンと歩き出した。

場所が定まり砂浜に横になると、雲から陽が差し、
それから天気がゆっくりと良くなってきた。

そしてお昼になると、釣り人の姿が引いた。

「キヨミ、シエナに戻るかい?」

悪戯そうにパトリッツィオが聞いてくる。

「雲があるお陰で本が読みやすいな。
 人も少なくていい」

「そうね。海は夏に来るものだと思っていたけど、
 今日の海、最高に気持ちいいわ。
 陽は柔らかいし風も気持ちいい。
 海の家から流れてくるヒットチャートもなくて
 波の音とカモメの声が心地いいわ~」

たっぷりと海で過ごした後、街のバールに入った。

午後のカフェテラスには穏やかな空気が漂っていたけど、少しすると、遠くから奇声が聞こえてきて、その音は段々と近づいてきた。

10歳くらいのアフリカ人の少年を連れて、
落ち着いた年のイタリア人男性が入ってきた。

少年は床や壁を叩きまくり、大声をあげている。

問題を抱えた子供を養子に迎えたイタリア人だとすぐに分かる。

イタリア人男性は
「ピザを食べるかい?」と少年に尋ねると、

「ノー、ノー!」と言った後
「食べるって言ってんだろ!」と叫んでいる。

イタリア人男性は少年と手をつないでいる。

私はこの光景を見て、強い衝撃を受けた。

さっき見た海同様、
このイタリア人男性も懐が広くて深くて穏やかだ。

私はこれまで「自分の心地よさ」ばかりを考えてた。

私が心地よく思えない事や身に降りかかる問題に対して敏感になり、怒りやすくなっていた。
そのストレは悪循環を生む。

海に来てみて良かった。

大きなものに包まれて、
昨日より生きやすくなっている自分に気付く
今日この頃です!

Img_0846

Img_0859

Img_0884

Img_0887


Img_0890

|

2017年10月21日 (土)

秋の味覚セット、搾りたてのオリーブオイルのご案内を発送いたしました

皆様、今日は!

シエナの大多和聖美です。
いつも大変お世話になっております。

昨日「秋の味覚セット」「搾りたてオリーブオイル」などのお知らせメールを送信させていただきました。

1度に沢山のメールを送信しましたところ、
aolのプロバイダーより不振に思われ、
メールがブロックされてしまったようです。

他にも2つのメールアドレスがございますので、
以下のいずれかに返信をいただけますよう、お願いいたします。

※2つのメールにいただけますと、確実です。

※★印を@に変えてください。

kiyomisiena★libero.it

titikiyomi★yahoo.co.jp

お知らせがまだ届いてない方、
恐れ入りますが、ご一報いただけましたら助かります。

どうぞ宜しくお願いいたします<(_ _)>(^^)



|

2017年10月17日 (火)

気分転換

ストレスを感じ、「一休みしよう」と思って体を休める。

頭の中を空にしようとしても、
空の頭の中には、心配事や不安、考え事が入って来てしまうと一休みになりませんね。

そんな時、こんな動画はいかがでしょう!



|

2017年10月15日 (日)

アルゼンチンの音楽はいかがですか?

秋らしく、大人の色気を感じる音楽として、
アルゼンチン生まれのピアニスト、Raúl di Blasioをご紹介です!


|

2017年10月14日 (土)

このロゼ、お勧めです!

昨日のサブリーナの家で飲んだ白ワインに続き、
その後の食事とワインについて、後編をご報告。

肉体労働を終え、食事の支度にとりかかる彼女が準備してくれた第2の皿は、ゴマがたっぷりとまぶされたサーモンのソテー。

皮はパリパリに、そして身は柔らかく仕上げる所に、
彼女の拘りが伺える。

私は脂の乗った鮭のハラミが大好きで、本来なら
大好きな部分は後の楽しみに残しておきたいところだが、
アツアツでジュ~っという甘味を頂点で味わいたく、
真っ先に口に頬張った。

口中がサーモンの脂 一色に染まった。

ン~、美味しい!

そして、ルビー色をしたロゼワインを流し込んだ。

ン~、ピッタリ!

もしここで白ワインを飲んだとしたら、
白ワインは脂身に跳ね返されてしまい、
だからと言って赤ワインの流し込むと、
タンニンが口中の世界を変えてしまう。

サブリナが手掛けるこのロゼは、脂の乗った魚や
ラグー(ミートソース)などと最高のコンビを組んでくれる。

このロゼには
「メティッチョ(=雑種)」という名前が付けられている。

トスカーナの色々な土着品種が使用されて作られるワインで、1本を販売するごとに1ユーロが動物愛護活動に使用される。

ワインのラベルには、サブリーナによって救われた犬のティベリオが描かれていて、この日、本物のティベリオにも会えた!

彼は笑顔だった。

彼等が生産するメティッチョ2016年を2000本を完売すると
4匹の犬が笑顔になれる。

ワインで繋がる縁。1本飲んで終わりじゃない・・・

来年の戌年にむけて、
こちらのワインもしっかりとワインリストに掲載しました!

お楽しみに🍷

Img_0776

Img_0775

Img_0774

22426154_1269137873191352_677604412

22473664_1269137893191350_124648073

|

2017年10月13日 (金)

幸せを充電できた白ワイン!

夜遅くまで作業が続いた日は、私だったら、家に帰って
シャワーを浴びてベッドにバタンキューするところだが、
レッチ エ ブロッキ農園のサブリーナは

「家でご飯を食べていって!」と誘ってくれた。

彼女の両親はレストランを経営していた事もあり、
チャッチャッと料理を作るのはお手の物。

私は食事を待つ間、
テーブルに置かれた白ワインをグラスに注いだ。

サブリーナは横目でチラッと見て、

「それ、サンジョヴェーゼで作った白」と言った。

サンジョヴェーゼとは、トスカーナを代表する赤品種で、
キャンティクラッシコやブルネロはこの葡萄から作られる。

あえて、色を出す葡萄の皮を使用せず、
果肉だけで仕上げたサンジョベーゼの白。

香をかいだ瞬間の感想は、「エッ?」

ある想定から外れた意外性に直面すると、
感動を味わう前に、「エッ?」と戸惑い
1秒ほど自分が止まってしまう。

私はすぐ、ソファーにいるパトリッツィオにグラスを渡した。

彼はグラスから深く香を吸い込むと
「ア~」と大きく息を吐いた。

それからゆっくりと、私たちはワインの感想を口にした。

砂糖漬けのレモンのような甘味、
よく熟れたパイナップル、洋ナシ・・・

少し寒い時期だからかな? それとも夜だからなのか?

この包容力ある白の深みに安堵する。

「皆、テーブルに着いて~」

サブリーナは大皿のパスタと共に登場。

お皿に盛られたパスタの香りに陶酔。

それから私は「ン~」と唸りながら頬張った。

パトリッツィオは、私の「ン~」を数えるのが楽しみで、
この日は10回の「ン~」を観測。

「サバのラグー。ちょっとヤギのチーズも入れたのよ」

とサブリナが言うと、

「ああ、そう感じた」とパトリッツィオ。

パスタは申し分なく美味しく、そこに、
この白ワインを口中に流し込むと、
「なんて贅沢に浸かっているんだろう!」と、
胃より前に、気持ちが膨らむ。

隣に座る、息子のジョバンニに聞いてみた。

「正直言って、レストランに行っても満足しないでしょ?
 家でこんなに美味しいもの食べれたら」

ジョバンニは、「ウン」と頷き、
今日の疲れを相殺するかのようにパスタを口にしている。

農学部で醸造の勉強をしている18歳の彼に

「あなたは、どんなワインを目指したいの?」と尋ねると、

「伝統とモダンの両立したワイン」と即答した。

「それって、どういう事?」と更に尋ねると、

「この白ワインみたいな事だよ。
 サンジョヴェーゼはトスカーナの赤葡萄。
 でも、固定概念に拘らず、これで白を作ってみる」

私はここ数年、白ワインを北イタリアから取り寄せていたけど、トスカーナ産の白ワイを見つける事が出来て、嬉しくなった!

サブリーナはニューヨークのワイン会で、
赤ワインのキャンティクラッシコを求めるアメリカ人にこの白も提供したところ、もの凄く気に入られた為、在庫が少なかったけど、私を待ってくれていたかのように若干数、倉庫に在庫が残っていた。

息子 ジョバンニの似顔絵が裏ラベルに描かれた
白ワイン「il Sangio’ 2016」

出汁を使用した日本食、青みの魚、エビ等・・・

柔らかく厚みある料理との相性がバッチリ。

1杯のワインと共に、幸せを充電してください🍷

Img_0771
Img_0770

|

私のお勧めの作り手 !Lecci e Brocchi(レッチ エ ブロッキ)

私は午前中にワインやオリーブオイルの作り手さんを訪問する事が多い。

太陽の下で働く彼等の表情は溌剌としていて、
現場には躍動感が漲っている。

しかし今日は、日没の頃に、
キャンティクラッシコ地域でワイン作りを営む
「Lecci e Brocchi レッチ エ ブロッキ」農園を訪れた。

サブリーナは、明日納品するワインのラベルを1枚ずつ手で貼っていて、何往復もしながら、ワインの箱を車に積んでいる。

隣の部屋では、息子のジョバンニが、
発酵を終えた葡萄の滓をタンクから取り除き、
旦那のジャンカルロは、そこから最後の搾り汁を抽出している。

彼等は、作業を終わらす為、無駄なエネルギーを消耗しないかのように、黙々と作業をしている。

トスカーナというと、甘い丘陵の上をそよ風が走り抜け、
鳥が歌い、そこで陽気に働く農夫のイメージがある。

それも現実だけど、私の前にある光景も現実。

もの悲しく真っ暗な中で、
夕食の時間になっても作業を続ける彼等がいる。

「機械が欲しいな~」

ジャンカルロがほほ笑んで、ポツリと言った。

「手作業って大変だけど、何だろう? 
なんだか感動する・・・」

私もポツリと言った。

私のワインの選び方は、
まず、試飲会などでワインを試飲し、
美味しいと思ったら作り手さんに話を伺い、
価格リストをみながら取引を決めるわけだけど、

現場を目にして
「この作り手と出会えて本当に良かった」と実感がわいてくる。

美味しいワインは沢山あるけれど、その中でも、
自然と農夫のありのままが醸し出されるワインをお届けしたい。

Lecci e Brocchi(レッチ エ ブロッキ)のワイン、
私のお勧めです!

Img_0762

Img_0700

Img_0686

Img_0690

Img_0747

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お知らせ | 自由猫の日記