« 4月25日 | トップページ | 八十八夜と水田 »

2024年4月27日 (土)

イタリア人と日本

4月の上旬、
テイスティングのイベントに参加した時の事。

とあるブースでワインを試飲していると、
一人の女性がやってきて、
私たちは一緒に作り手の説明を受ける事にした。

「なんの仕事ですか?」と作り手。

「アグリトゥリズモを経営してます。弟とね」

ショートヘアでボーイッシュな彼女は、
アグリトゥリズモの場所や最近の景気、
そして沢山の猪が出没する様子を語った。

「日本にも猪がいるんですか?」

と作り手が私に話を振ると、
彼女の好奇心は私に向けられた。

「えっ? 日本はどこの出身? 
 私、数年前に日本を旅行したのよ!
 東京、京都、沖縄・・・
 沖縄の前にある孤島にも行ったわ。
 1日1往復しかフェリーが運行してないのよ~!
 そこで見た白黒の蛇、インパクトあったな~。
 富士山も行った・・・」

すると、彼女の話を聞きながら、
話に入りたがって身を乗り出していたオーナーが
ここで、上手く割り込んだ。

「ロマンティック・トレーノー!
 私は富士山の麓に泊ったよ。
 部屋には布団と畳があって、
 スパは女性用と男性用があるんだ。」

「あぁ、YO-N-SE-N、YO-N-SE-N!」
と彼女も反応。

「ONSENね」と私。

「そうそう。ONSEN。
 まず最初に、小さなプールがあって、
 そこには、蛇口と黒い石鹸がある 。
 日本人は、20分かけて綺麗に体を洗ってから、
 ONSENに浸かるんだよね」

「そうよ。彼らは、洗う前に洗うのよ」と彼女。

「私たちは温泉の温度に慣れているけど、
 あなたたちにとって、熱くなかった?38度とか」

「私は平気だったわ。寒いよりも熱い方が好き」

「私が入った時は、外に雪が積もってて、
 お湯とのコントラストが良かったな~」

「お酒、飲みました?」

「SI ! 熱いのと冷たいの」と彼女

「私は、日本酒はちょっと・・・
 日本ビールは美味しかった」

私たちは暫く、日本の話題で盛り上がった後、
このワイナリーが手掛けるワインに向き合った。

イタリアに住む皆さんも、直面されるのでは?

「どこの国の出身ですか?」聞かれ、
「日本です」と答えた瞬間、
イタリア人は目を輝かせ、
日本紀行を嬉しそうに語り出すシーンに・・・

ひと昔前、日本人にとっての観光スポットは、
ローマ、フィレンツェ、ベネツィアだったが、
今では、イタリア人でも知らないような、
小さな町や村へと赴く人も多い。

イタリア人も然り。

東京、京都、大阪、秋葉原といった枠を超え、
彼らの求める日本を探し、満喫しているようです!

|

« 4月25日 | トップページ | 八十八夜と水田 »