« 春の力 | トップページ | イタリアで生きるには趣味を持つ事が大事 »

2024年4月 4日 (木)

シエナは塔の街

シエナの市庁舎には、
1338-1339年にアンブロージョ・ロレンツェッティが手掛けたフレスコ画『善政と悪政の寓意と効果』があります。

中世都市シエナのイメージを体現した絵の中には、
沢山の塔が描かれてますね!

実際、街を歩いてみると・・・

あるある!

見過ごしてしまいそうですが、
まるで隠し絵のように、あちこちに塔がある!

シエナにいらしたら、是非、
Cassatorre(塔のような外観を持つ中世の邸宅)を見つけてみてください!

1_20240404181701

2_20240404181701

3_20240404181801

20240402_110905

20240402_111047

塔に刻まれたアルファベット
どんな意味があるのでしょう?
いまだ、解読されていません。

20240402_111503

20240402_111525

20240402_112113
塔にはめ込まれたタイル。
上の段には、1224年に設立との記載が。
下の段には、1798年に修復された記載がある。

20240402_112404

|

« 春の力 | トップページ | イタリアで生きるには趣味を持つ事が大事 »