« 春の味覚 ご注文ありがとうございました! | トップページ | もう少しだけ、お花見気分 »

2024年4月10日 (水)

TOKYO LOVE STORY

シエナのメイン通りにある書店に、
「TOKYO LOVE STORY」という新刊が並んでいた。

いつもは、日本人作家の翻訳された本が並ぶけど
この本の著者は、日本人ではない。

早速、作者のYasmin Shakaramiさんを調べてみると、
以下のような情報が見つかった。

ヤスミン・シャカラミさんは、1991年ミュンヘン生まれのハンガリーとイラン人のハーフ。

学校卒業後、東京に移り住む。

2011年3月の東日本大震災を経験し、
普段は高度に組織化されている大都市が大混乱に陥るとはどういうことか?を身をもって体験。

後に、ミュンヘンで哲学と倫理学を学び、
修士号を所得した後、
バンクーバーにドイツ語、ドイツ文学、
ドイツ哲学の学校を設立。

ミュンヘンに戻り、2021年度、
ミュンヘン文学奨学金を受賞。

「東京の雨」は彼女の処女作。

なるほど・・・

「TOKYO LOVE STORY」の物語には、
大災害が東京を破壊するシーンがあり、
荒廃した大都会で、主人公のマルは愛するケンタロウを必死に探す・・・とある。

もはや日本は、日本人だけの発信にとどまらず、
外国人の方も発信しているんですね!

20240408_091841

20240408_091858

|

« 春の味覚 ご注文ありがとうございました! | トップページ | もう少しだけ、お花見気分 »