« 【シエナのフレスコ画《善政と悪政の寓意と効果》その3】 | トップページ | スカンサーノのワイン博物館から、ビデオライブです! »

2023年8月21日 (月)

南トスカーナ「スカンサーノ」のワイン

南トスカーナグのロッセート県に、
スカンサーノという町がある。

遠くにティレニア海を見下ろせるこの街は、
「モレッリーノ・ディ・スカンサーノ」というワインの産地で、いくら車を走行しても、葡萄畑が尽きない。

トスカーナのワインと言えば、
ブルネッロやキャンティクラッシコが有名で、
モレッリーノ・ディ・スカンサーノは
あまり知られていないけれど、
実は、この土地のワインの歴史は非常に深く、
紀元前6世紀の後半~紀元前4世紀頃に使われていたとされる大きな陶器のかめから葡萄の種が発見されている。

また、紀元前3世紀頃、
子孫繁栄や土地の発展を願い、
神様に捧げられた供え物の中から、
葡萄の収穫の農具を手にしたブロンズ像が見つかっている。

2023年8月20日現在、
この土地の葡萄を観察してみると・・・

春の天候不順で葉にダメージを受けていたものの、葡萄は頑張って育っていた!

ゲニウス・ロキという言葉がある。

ローマ神話における土地の守護精霊から発生した言葉で、現在では、土地の雰囲気や土地柄を表わす言葉として使用される。

農夫の努力に加え、葡萄の栽培責任者や
醸造家の知恵と技術も関係しているけど、
大昔からこの土地で葡萄作りが繰り返されてきた
土地のポテンシャル、
ゲニウス・ロキをも感じる今日この頃です!
1_20230821192101
333
3_20230821192101
20230820_170841
2_20230821192101
4_20230821192101






|

« 【シエナのフレスコ画《善政と悪政の寓意と効果》その3】 | トップページ | スカンサーノのワイン博物館から、ビデオライブです! »