« 【シエナのフレスコ画《善政と悪政の寓意と効果》その4】 | トップページ | モンタルチーノより、葡萄畑の様子をお届けです! »

2023年8月31日 (木)

2023年 葡萄の収穫が近づいてきました

フィレンツェの街中から南西に約15km

ビオワインを手掛ける作り手の畑で、
収穫を間近に控えた葡萄たちを見た。

直接日光にさらされないよう、
葉で覆われた葡萄を見ると、
殆どの房に、傷んでしまっている粒が見られる。

今年は、春から初夏にかけて雨が続き、
トスカーナの作り手はカビによる病気
「ベト病」の対策を何度も強いられた。

ベト病に感染した葉には黄色い染みが出来
光合成が上手く出来ないので、
葡萄の木に栄養が行き届かない。

この畑に限らず、トスカーナ広域にかけて、
今年は、傷んだ粒を含む葡萄が多くなっていて、
房ごと干からびてしまっている姿も見られる。

ひと昔前までは、この時期、
あちらこちらの畑で健康的な房を見る事が出来、
その光景を当たり前だと感じていた。

見事に育った葡萄を、
どういうテイストに仕上げていくのか?

収穫後、エノロゴのセンスと手腕が注目されていたが、気が付くと、ここ数年は「いかに異常気象から葡萄を守るか?」という話題にスポットがあたっている。

2023年は収穫量が非常に少ない年となる。

コップの水理論に例えると、

「半分しかない」と捉えるか?

それとも「まだ、半分もある」と捉えるか?

今の畑の光景だけを見ると
「半分しかない」と言いたくなるが、

春の長雨、40度近い猛暑、豪雨と湿気等など・・・・

2023年に訪れた様々な異常な気象を振り返ると、

「今日まで生き延びてくれた葡萄が、半分もあるんだね!」と褒めてあげたくもなる。

まもなく収穫が始まり、
農夫たちは腰をかがめ、使えそうな葡萄を見極めながらハサミを入れていく。

その後、傷んだ粒を取り除くという細かな作業を経て、除梗機(茎からブドウを外す機械)に房を移し、
醸造が始まる。

不安定で難しい年に育った葡萄の成分を上手く抽出し、バランスよく仕上げる工程を経て・・・

 
出来るだけ美味しいワインの完成に向けたそのゴールまで、自然と農夫のリレーはまだまだ続きます。

1_20230831155701
2_20230831155701
3_20230831155701
20230830_133607
9_20230831155701
4_20230831155701
12_20230831155701
20230830_133128
7_20230831155701
6_20230831155701









|

« 【シエナのフレスコ画《善政と悪政の寓意と効果》その4】 | トップページ | モンタルチーノより、葡萄畑の様子をお届けです! »