« クラシックカー コレクション 『1000MIGLIA』 | トップページ | イタリア人のcafeへの拘り »

2023年7月 7日 (金)

味のあるオーナーのいる美味しい食堂

ラポラーノの町にある食堂「La Patria」
オーナーのパンチーノ(通称)は独特の個性の持ち主で、店内には、彼が醸し出す独特のスパイスが漂っている。

ある日、閉店近くに客がやってきた。

「すみません、まだ入れますか?」

「閉店だ。朝から働いて、クタクタなんだよ!」

すると、客は困惑した口調で続けた。

「あの~、客の中にスティングがいるんですよ・・・」

しかしパンチ―ノは、少しも怯むことなく
「こっちは朝から働いて、クタクタなんだ!」
と言って、スティングを追い返した。

先日、テーブルに料理を運んできたパンチ―ノに聞いてみた。

「ねえ、スティングのエピソード、ほんと?」

すると、隣のテーブル客が笑いだした。

パンチ―ノにとっては興味のない話題らしく、
「疲れてたからね」と言って、その話題には乗ってこなかった。

お皿をもちながら、厨房と客席を往復するパンチーノ。

いつもブツブツと独り言を言っているが、
店が忙しいと、彼のストレートでパンチが効いたセリフを、苦手ととる客もいれば、味わいととる客もいる。

この店のお薦めはローストビーフ。

今日も最高に美味しく味わいました!

|

« クラシックカー コレクション 『1000MIGLIA』 | トップページ | イタリア人のcafeへの拘り »