« 涼しさと温かさのコントラストが気持ちいいです | トップページ

2019年8月18日 (日)

行きつけの店

小腹がすくと、
サンマルティーノ通りにある切り売りピザの店に立ち寄る。

オーナーのファビオの他に、3人くらいのスタッフがいて、
その中でも、まるで肉屋のような体格をした男が面白い。

「ん~、またこのピザを食べたいけど・・・
 チーズがたっぷりと乗ったこれを食べ続けると、
 コレステロールがあがっちゃうんでしょうね~?」

「お前さん、今、体の調子が悪いのかい?」

「いいえ、体調いいわよ!」

「だったら、何が問題なんだい?」

そう言って、チーズの乗ったピザを釜に入れて温めた。

私は、彼の対応にスッキリした。

「ねえ、ここで働いてるから、毎日、ピザを食べてるんでしょ?」

「俺は食べないよ。ピザ、嫌いなんだ。
 34年間、ここで働き続けてるけど、ピザは食べない」

「え~! じゃ、何食べるの?」

「パスタや肉。でも、ピザは食べない」

イタリアに来て20年。ピザが嫌いという人に初めて会った。
しかも、私のお気に入りのピザの店で・・・

ここのピザは美味しい。

生地の触感、塩加減、ボリュームある具材、
そしてここで働くスタッフの飾らない対応。

シンプルだけど、活気を感じる。

私は、スマホでお店を選ぶのが好きではない。

「ピザ選手権で優勝した店」
「テレビで紹介されていた老舗の店」
「拘りの素材の説明にしつこい店」等々・・・

いつの頃からか?
人は情報を味わっているような気がする。

私は情報よりも、味気あるものを気楽に美味しく食べたい。

だから、サンマルティーノに通い続けます!

Img_2219

Img_2220

 

|

« 涼しさと温かさのコントラストが気持ちいいです | トップページ