« 北海道 胆振東部地震 災害の支援販売 終了のお知らせ | トップページ | 【女一人飲み その2】 »

2018年9月26日 (水)

日本帰省の思い出1


9月3日、台風が日本に上陸する前日に成田に到着し、
18日にイタリアに戻ってきました。

短かった日本滞在を懐かしみながら、
いくつか綴っていきますね。

【女一人飲み その1】

今回の帰省中も、地元の居酒屋によく通った。

私は決まって、カウンターの奥から2番目に座り、
熱燗、そして 「ぼんじり」と「せせり」を2本ずつ注文した。

東京で人と会った帰りに立ち寄るので、
お店に出没するのは決まって23時以降。

この日は2つ離れた席で、年配の男性が本を読んでいた。

店長が熱燗を運んでくれると、私は一人でお酌をし、
読書の男性にむかって「乾杯」と言って、飲み干した。

男性もつられるようにグラスを持ち、乾杯の合図をした。

「何を読んでるんですか?」

「浅田次郎です」

「へ~。神様の話なんですか?」

すると男性は、同じ形容詞を繰り返しながら、
浅田次郎について語り始めた。

中でも「地下鉄に乗って」がお勧めで、
終盤からの盛り上がりが凄いらしい。

本以外に、ここ地元の昔の様子も語ってくれた。

厨房では店長の奥さんが料理を担当している。

やせ型の彼女は頑張り屋で、店長が倒れた時でも
「御客様あっての私たちですから」といって、
一人で店を切り盛りしていた。

レジから
「ありがとうございます。お気をつけてお帰りください」
と御客を見送る店長の声が聞こえる。

その人情味あふれた声を聞くと、気持ちがホッコリして、
熱燗がどんどん柔らかく変化していく。

店長や女将が、ポツリポツリと話しかけてくれて、
隣の客とも、ポツリポツリと会話を交わしながら、
お銚子2本を飲み干し、
気持ちがすっかり温まったとところで、お店を出る。

店の居心地の良さが、お酒をより美味しく醸し出してくれる。

この日の熱燗も、最高に美味しかったです!

Img_6708

Img_6718
Img_6709_2

|

« 北海道 胆振東部地震 災害の支援販売 終了のお知らせ | トップページ | 【女一人飲み その2】 »