« ヴィンテージバイクのイヴェント エロイカ【爽やか 笑顔編】 | トップページ | 季節の変わり目、お体をご自愛ください! »

2017年10月 2日 (月)

ヴィンテージバイクのイヴェント エロイカ【最終編】

坂道が始まる手前で小休止をとっていた女性に声をかけてみた。

「どちらから来たんですか?」

「ドイツよ。これ、お婆さんの自転車なの。1947年もの。
 家族の自転車なのよ!」

その他、スイスから来た男性二人は、
1960年代の自転車だと言っていた。

今の時代、どの国に行っても流行りの型がある。

ブランドには全く疎いけど、
自分のルーツを語れて、
自分の世界を自己流にまとった人の姿が、
とても眩しく素敵に映った。

数日前、眼鏡のネジが緩んだので眼鏡屋さんに入ったら、
店員の女性に驚かれた。

「こんな眼鏡、捨てなきゃ!時代遅れよ!」

彼女の大きな声とリアクションに、
「そうなのかな・・・?」と委縮したけど、
エロイカのレースを観た後、そんな考えはふっきれた。

自分らしさを楽しむ方が、味があってカッコいいかも!

最後に、自転車愛好家の方の為にも、
このイベントの様子が分かる写真をお届けしますね!

Img_0597

0

3_3

Img_0565

Img_0616

Img_0603

Img_9936


1_4

2_3

5_2

Img_9972

|

« ヴィンテージバイクのイヴェント エロイカ【爽やか 笑顔編】 | トップページ | 季節の変わり目、お体をご自愛ください! »