« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月26日 (火)

私から私へのメッセージ


夏に入ってから、
私のスイッチはオフになったままだった。

何もする気になれない。

〈リラックス期間〉と割り切れればよいのだけど、
何もしない自分に負い目を感じながら
スッキリしない日を過ごしていた。

最近になって、この状況はあえて、
自分があえて仕掛けているような気がしてきた。

私は、習慣的にニンニクや生姜、
エキストラヴァージンオリーブ、
新鮮野菜をたっぷりとった食生活を送っている。

巷の情報によると、医者いらずの健康体なはず。
にもかかわらず、
冬になると咳が止まらないし、疲れも感じやすい。

だから〈これさえ食べれば○○が防げる〉的な情報を
そのまま信じる事はやめ
〈これは体に良くないからダメ〉という監視のストレスを外し、食べたいと思ったものを愉しく食べる事にした。

最近、まだ早すぎる知人の訃報に触れたり、
老人施設で暮らす痴呆の方と触れていると、
〈人生の在り方〉について、
何を考えたらいいのかも分からぬまま、
モヤモヤとした気持ちが漂っていた。

最近感じた事は、
心身の健康の為、食べ物だけではなく、
心の在り方にも栄養も取り入れたい、という事。

これまでの私は、
ネットやメディアで情報に触れては
「これも知らない」「あれもやってない」
こんな自分じゃダメだ、ダメだ・・・と
今の自分に不足している部分を感じていた。

そして、人の為に何かをしなければいけない、
仕事の準備をしなければいけない・・・
と考えながら過ごす自分が常にいて、

自分が今の私に対して
「気持ちいいね!」とのんびり会話する時間が少なかった。

お母さんやパトリッツィオは、
今の私に愛情を注いでくれて、
とっても柔らかく、安心した気持にさせてくれる。

この愛情を、自分が自分に注ぎ始める事も必要だな、
と感じ始めた。

やる事があっても、雨上がりのヒンヤリした空気の中、
散歩をしたくなったら外にでる。

大きな樹の下から上を見上げて、
「なんて立派な樹なんだろう?」と感動する。

風が肌に触れる感触、温度を感じる・・・

「気持ちいいね!」と言う自分の声を感じる。

食事はきちんととっていても、心の状態が楽でないと、
どんなに健康な食材を取り入れていても、
ウォーキングをしていても、健康を蝕ばんでしまうよ、
という事に気付くため、
自分でスイッチオフにしていたような気がする。

コンピュータをひらくと、沢山の情報がある。

向上心として情報を収集するのは楽しい。

でも今のように、
自分で自分のバランスを形成したがっている時には、
あえて、外部からの声をオフにする必要があった。

人付き合いも、食生活も、余暇の過ごし方も、
〈こうしなければならない〉という
義務感、投資から少し解放させようと思った。

すると、責任もって沢山の事は出来ないものだな、
と改めて思った。

イタリア人は、ワインを沢山飲み、タバコを吸い、
赤身の肉や小麦粉が使用されたパスタやピッツァを毎日のように食べる。そして、精製されていない砂糖がふんだんに使用されたクリームパンやアイスクリームをよく食べる。

私の周囲には、80歳を超えるお年寄りでも、
このような食生活を送っている人が多く、
この国の平均寿命は高い。

これまでの私は
〈やるべき事!〉などの項目を設定する癖があって、
目標を書いた紙を壁に貼ったりしてた。

若い頃は、それでよかった。

でも47歳の今、
頑張る事から得る達成感しか認めてくれない、そんな自分と、私自身が友達でいたくながっている自分の声に気付いた。

美味しいからこれを食べる、楽しいからこの人と会う・・・

自分が楽しんでいる声に耳を傾けてリラックスをする。
そして、仕事もこなしていく。

イタリア人は
「開放感」「自然体」という感覚を身に着けた国民。

歳を重ねて、
特に美容を意識しなくても素敵な表情の人が多い。

今の自分の理想の在り方が見え始めてきた、
今日この頃です。

|

2016年7月22日 (金)

ミケーレの新な旅立ち

ミケーレを見送るミサに行ってきた。

神父様の力強い説教に圧倒された。

「私たちの友ミケーレは
 地上での巡礼を終え、橋を渡り、
 神の世界に移りました。 
 地上では苦しみや悲しみ、困難を纏いましたが、
 これからは、愛の世界で生き続けます。
 皆さんは、死、を
 真っ暗で絶望的な世界だと思ってますか? 
 明るければ、居心地よいと言えるでしょうか?
 考えてみてくださ。
 私達の生活が24時間、明るく照らされていたら、
 私たちは幸福でしょうか?
 死は終わりではありません。 
 変身なのです・・・」}

59歳だったミケーレのお母様はまだ健在で、
ミサの前では涙ぐんでいたけど
神父様の話を聞き入る彼女はの目は、
しっかりと何かを見据えているようだった。

ミサの後、娘のサマンタに挨拶をした。

「昨日はミケーレが手掛けたヴィンサントで
 乾杯したわ。今度、
 ミケーレが写っているビデオや写真を渡すわね」

「ありがとう」

彼女は、穏やかにほほ笑んだ。

誰も泣き崩れる者はいなかった。

これまで恐れていた「死=別れ」が、
このミサでは「見送る会」のように感じられた。

この日の午後、パトリッツィオと一緒に、
彼の悪友を訪れた。

そこには、放射線治療に通い続けるPの姿もあった。

「人生は一度きりなんだ」と言って、
ビールを飲み、タバコを吸っている。

彼がどんな気持ちで暮らしているか、
友達は痛いほどわかるから、
このひと時の幸せを見守るかのように、
あえて誰も、何も言わない。

キャンティの丘に面した庭先で、
ギターに合わせて、皆で歌った。

この時間がとっても愛おしく感じられて涙が出てきた。

黄昏時は、日ごろ見落としてしまうような野の花や草も、
優しく光り輝いている。

Img_6050_3


Img_4427


Img_3574
 

|

2016年7月20日 (水)

オリーブの実、すくすくと育っています

シエナにある無農薬オリーブオイルの作り手
「ファンチュッリ農園」を訪れた。

カラッとした風が吹き抜けるお陰で、
暑いけど気持ちがいい。

今のところ、オリーブの実はスクスクと育っていて、
このまま順調に運ぶと、質・量共に豊作。

「ヤッタ~♪ これから1年、
 美味しいオリーブオイルで過ごせるね~♪」

と歓喜を味わえる事でしょう。

2年前は雨が続いた為、湿気を好むミバエが大発生。

春に孵化した後、
成長→卵→孵化のサイクルが何度も繰り返され、
秋の収穫時にはイタリア全土に渡り、
ミバエの大量発生による大打撃を受けました。

その記憶がまだ色濃く残るから、

「今のところ、順調です!」

と言える事に、感謝と喜びと安堵を感じられる。

害虫を駆除する農薬を使用できない無農薬の農家の人々にとっては尚の事。

オリーブの実同様、気持ちよく夏を過ごしてます!

Img_3553

Img_3564

Img_3562

Img_3503

|

2016年7月19日 (火)

ヒヤヒヤするニャー!

|

2016年7月16日 (土)

オリーブオイルで、髪、イキイキ!

オリーブ農園のラケアおばさんから、
オリーブオイルで健康な髪を保つ方法を教わりました。

===================

手のひらに乗せた少量のオリーブオイルを髪に馴染ませたら、20分~30分、太陽で温めてね。

温めると、オイルの成分が浸透するから。

他の植物油ではダメよ!

それから、シャンプー。

シャンプーは決して、原液を髪に付けないこと。

小さな容器に少量入れ、
水で薄めたものを、頭にかけるのよ。

シャンプーの泡がモコモコになるほど、
沢山のシャンプーを使わないでね。

===================

なるほど!

私は今日まで、
シャンプーを直接、濡れた髪につけていました。

これからは、週に1度くらい、
エキストラヴァージンオリーブオイルで髪に栄養補給。

シャンプーは、これからもオリーブオイルが含まれた
オーガニックシャンプーを使用し続けます。

少量を水で薄めて使うとなると、
1本が長持ちするので、経済的ですね!

※紛い物のエキストラ・ヴァージンオリーブオイルは、
 成分が不明なので、信用おける本物の
 エキストラヴァージンオリーブオイルの利用をお勧めします

|

夏の羊

作り手 直売市場で、チーズの作り手に聞いてみた。

「昨年の秋、
 フランスから毛の長い羊達が越してきたじゃない? 
 寒さに強い彼等、
 この暑さは、どうしのいでいるの?」

「大丈夫。毛を刈ったところさ。
 他の種の羊も皆、毛を刈ったよ」

「あら!ヌードなのね!
 蚊とかダニとかに刺されたりしない?」

「皮がしっかりしてるから、大丈夫」

「刈った毛は、売るの?」

「そうだよ。
 昔はいい値で売れたんだ。 
 今は、高値で売れなくなってしまったが・・・」

この春、トスカーナの緑の丘にみかけた白い羊の群れ。

今の時期、裸になった羊をみかけると、
ちょっと変な感じ (*_*;

Img_0589

|

ニース 和平を祈ります

今朝、バスに乗ったら、5人のアフリカ人男性と、
数十年前にパリから移り住んできたシニョーラが乗っていた。

シニョーラは、
アフリカについての不満を大声で述べていた。

こ数年、テロの標的になっているフランス。

自国に誇りを持つフランス人シニョーラの気持ちを考えると、「偏見はよくない」などという私の意見は、どことなく、軽く感じられる。

また一つ、
憎しみや恨みの種が撒かれてしまった。

第二次世界大戦に大量に殺し合った国同士の人が、
今では、結婚をしたり、
移住をして両国を行き来している。

時間がかかると思うけど、和平に近づいて欲しい。

ニースで被害に遭われた方、また、ニュースにも取り上げられない各地で起きている惨事で命を落とされる方がのご冥福をお祈りいたします。








|

2016年7月11日 (月)

小さな町の夏祭り

シエナの街から南に車を走らせ20分。

観光客とは縁のないような小さな町のフェスタでは、
昔の映画に出てくるような
素朴、かつ生き生きとした空気が流れていた。


|

2016年7月 9日 (土)

7月の葡萄畑

葡萄の房は、
幼少期から青年期のような風貌に成長してきた。

これから畑では、良質の葡萄だけを選び、
残りの葡萄を切り捨てる
グリーン・ハーヴェストが行われる。

こうする事によって、
秋の収穫に向けて残された葡萄に栄養が集中し、
健康でポテンシャルの高い葡萄で
良質のワインを手掛ける事になる。

葡萄畑をみると、
ベト病で光合成が難しい葉も見かける。

そんな葉の元で、ひっそりと生きている葡萄をみると、
なんだか、感動してしまう。

ワインにはならないんだけど・・・

切り捨てられちゃうんだけど・・・

人間の都合から見たら、将来は見えなくても、
他の葡萄同様に、もしくは、それ以上に
一生懸命成長を続けてるように感じられる・・・

Img_3336_2

Img_3329

Img_3331









|

みつけたニャン!

散歩中、彼等に出会えると、嬉しいニャン!


Img_5629

Img_5647

Img_1908

Img_5654

Img_6702_2

Img_5653

Img_7245

Img_6701

Img_4722

Img_5632


Img_1912

Cimg1614

Img_1892

|

2016年7月 8日 (金)

ラ ヴィータ エ ベッラ

パトリッツィオからこんな話を聞いた。

「聖美、こんなコマーシャルを見たよ。

 若者が自殺をしようとしている。
 そこへ、老人が言うんだ。

 ″どうしてこの素晴らしい一粒のサクランボの香を
  放棄する事ができようか?”って

 聖美、人生は素晴らしいんだ!

 植物や風には、香がある。

 La vita e' bella
 (ラ ヴィータ エ ベッラ 人生は素晴らしい)

このフレーズが胸に残った。

翌日、老人ホームに行くと、
94歳の老人が、ポツリと呟いた。

「私だけが取り残されてしまったわ。
 今はただ、思い出に生きるだけ」

隣にいる老人も、頷いている。

18時を継げる教会の鐘が鳴り始め、
閉じこもった中庭に、風が通り抜けた。

私も呟いた。

「鐘の音、響いてますね。
 そして今、風が通りすぎて気持ちよかったですね。
 ラ ヴィータ エ ベッラ(人生は素晴らしい)」

そして、三人でニコッとした。

私たちは皆、生かされている。

誰でも、さり気ない一瞬に、
ラ ヴィータ エ ベッラ(人生は素晴らしい)
と唱える事が出来る。

今日も、沢山の瞬間に、
ラ ヴィータ エ ベッラを唱えました!

Img_3350

Img_3346

Img_3368

Img_3371

Img_3364

Img_3279



|

2016年7月 7日 (木)

ヒマワリたちが起き出した!

「夏だよ~!」 っと言って、
シャンとしているヒマワリの中に、

まだ眠っていたい寝ぼけ顔のヒマワリも沢山いる!

Img_3357
Img_3352

|

2016年7月 3日 (日)

シエナのパリオ祭り

シエナでは、
毎年 7月2日と8月16日にパリオ祭が行われる。

私にとって、17回目のパリオ。

年を重ねるほどに、私はパリオ祭から遠ざかる。

パリオを知れば知るほど、
「私はよそ者なんだ」と思い知らされる。

パリオが行われるカンポ広場の周辺では、
場内に入れないシエナ人が、
バールのテレビに見入っている。

レースが終わると、

「ルーパ ルーパ!」

と優勝地区の名を叫びながら人々は走り出す。

街が殺気立っている。

つき飛ばされた女の子は
直ぐに起き上がり、走っていった。

優勝できなかった地区の騎士は、
関係者に護衛されながら、
殴りかかられないように逃げ去っていった。

街角では、
足に包帯を巻いた男性が、松葉杖を放りだして、
取っ組み合いをしかかっているところを抑えられている。

私には、
彼らがどこに向かって走っているのか、分からない。

どうして、泣いているのか?分からない。

どうして、ここまで殺気だっているのか?分からない。

一つ、分かるのは、

パリオ祭とは、
伝統行事を守る、という形式ばった儀式ではなく、
シエナ人の血に溶け込んだ魂である、ということ。

よく観光客が、
地区のシンボルのスカーフをまとっているけど、
まるで、キリスト教信者でない人が、
十字架のネックレスをしているように感じられる。

自分の土地に誇りを持つ、
帰属意識がここまで強い市民が羨ましい。

パリオ祭に血が騒ぐ事はないけど、
ますます、シエナへの興味は深まる今日この頃です。

|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »