« 私のイタリアは御洒落ではない! | トップページ | モンタルチーノの畑から今日は! »

2014年3月29日 (土)

鷹のコンテッサちゃん

散歩をしてたら、
鷹を連れたイタリア人男性と出会った。

「これから猟をするんだ。良かったら、見るかい?」

「いいんですか! じゃあ!」

私は、彼らと一緒に高台に登った。

この鷹は5歳のメスで、名前はコンテッサ。
伯爵令嬢という意味だ。

毎日体重を計っていて、今日は720グラムらしい。

車での移動中は、鷹が怖がるので目隠しをする。

コンテッサちゃんは、
空気を読むかのように精神統一をして、
5分ほど飛行すると、茂みに降り立った。

「駄目だ・・・」

「え? 何でですか?」

「通常、急降下しながら獲物を射止めなければならないんだ。今は、地上にいる鳩を捕まえたよ」

近くで、雉が鳴いた。

「今の時期、雉は交尾をするから、
 狩りの標的にはしないんだ。
 今、射止めたのは、僕が飼っている鳩さ」

男性は、ぐったりとした鳩をポケットに入れ、
持ってきたウズラを鷹に与えた。

この鳩は、菌を殺すために冷凍庫に保管される。

私は、飼い主といる動物を見ると、撫でたくなるけど、
今回ばかりは、手をひっこめた・・・
Img_6635_2



Img_6616


Img_6631







Img_6635


Img_6621


|

« 私のイタリアは御洒落ではない! | トップページ | モンタルチーノの畑から今日は! »