« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

モーツァルトの愛したワイン

イタリア北東部のトレント州から、
Marzemino(マルツェミーノ)が届いた。

モーツァルトに愛され、ドン ジョバンニのオペラにも登場する葡萄品種、マルツェミーノ。

シエナの国立エノテカでも取扱いがないし、
恐らく日本でも見つからない。

頂点に達した期待値といっしょに、グラスに注いでみる・・・しかし・・・全開した期待とは裏腹に、ワインは閉じている。

やや消沈した声で、パトリッツィオに電話を入れた。

「残念なことに、思ったほどのワインじゃないの。
サンジョヴェーゼのような、華やかさがないのよ・・・」

「キヨミ、ワインを好き嫌いで判断してはダメだ。
ワインを知ろうとするんだ」 

パトリッツィオが訪れてくれて、一緒にテイスティングをした。

「・・・ね、熟した果実の甘みに欠けるでしょ?」

誘導するように問いかけると、彼は静かに語り始めた。

「キヨミ、これは、ワイン単独で楽しむタイプじゃないけど、料理のことを考えると、最高のパートナーだよ。北の品種だ。北イタリアの人間は、何食べる?脂身あ
る豚肉とかを食べるだろ?
そんな料理に、このワインはピッタリじゃないか!」

なるほど! 

彼が帰った後、冷蔵庫にある豚肉を、たっぷりのバターでソテーしてみた
肉を頬張ると、口中はバターの膜で覆われ、そこに豚肉の甘みがどっしり居座る。

そこへ、マルツェミーノを流し込む。

(ワ~!食事との相性って、こう言う事を言うのね)

ワインは余計な甘みのボリュームを伴わず、
タンニンは料理を縁取り、その酸味は、バターの膜をぬぐい、完全に意気投合している。

ステーキを食べた後に、レモンのシャーベットが粋な働きかけをしてくれたように、バターを使用した肉料理には、このワインが抜群に絡んでくる。

「キヨミ、葡萄品種は違いがあるから面白いんだ。
輝かしく美味しく整った現代風のワインは確かに飲み心地がいい。でも、それは、ワインを知ることにはならない…」

確かにそうだ。ワインを知るには、もっと、客観的にならなくては・・・奥が深い・・・

※オペラ「ドン・ジョバンニ」 映像の2;45秒あたりで、〝Excelente marzemino !”と唄ってます 


|

2013年3月27日 (水)

可愛い悪魔パーティー

今日のコックは子供たちとお父さん。

テーブルには、
「魔女の秘薬(ミントジュース)」や
「コウモリの目玉ゴロゴロ(ニョッキ)」
「ギロチンピザ」などが並びます。

「いっただっきま~す!」

子供たちは、大はしゃぎ。

「ママ、いいニュースと悪いニュースがあります。
どっちから聞きたい?」

「じゃ、いいニュースから、教えて頂戴!」

「うん! 今日のテストは、満点でした!」

「あら、凄いじゃない!で、悪いニュースは?」

「・・・そんな事は、ウソでした~!」 

子供の頃から、冗談もしっかり仕込んでいるようです・・・!

Img_6638

Img_6645_2


|

2013年3月25日 (月)

イタリア女性はボリュームあります!

今まで、フェイスブックに記事を投稿し続けてました。

これからは、フェイスブックに投稿する記事を、同時に、ブログにもアップしますね。

立て続けになりますが・・・
こんなボリュームたっぷりの映像、お楽しみください!

イタリアが誇る、ソフィア・ローレンです

|

パトリッツィオの助言

お客様とカンポ広場でお茶をした。

「パトリッツィオ、彼らは明日の早朝、
 車でナポリに行くのよ」

続いて、運転を担当する男性客が
パトリッツィオに尋ねた。

「キヨミさんは、ナポリの運転は危ないって言うんですけど、どうでしょう?」

すると、パトリッツィオは彼に向かって、親身に語りだした。「ナポリに入る前に、ワイン1本を飲み干せば大丈夫だ。あいつらは、ルールに従うことが苦手なのさ。“ストップ”と表記があると、何故か進みたくなる。普通の常識で考えると難しいから、酔ったくらいが丁度いいのさ」

 日本人男性は、半分笑い、半分困った表情で更に問い続けた。「バイクで、ヘルメットをしていない人がいるって、本当ですか?」

「本当さ。逆に、ヘルメットをしている奴には気を付けな。メットで顔を隠しているってことは、ひったくりを企んでいるかもな・・・」 

そんなトンチンカンなアドバイスを聞かされ、
お客様は「はぁ・・・」と弱々しい笑いで反応している。 

「イタリア人を定義するのは無理さ。
その土地ごとに歴史と文化があって、そこに掟が成り立っている・・・シエナは比較的、ルールを遵守するだろ? だから、退屈なのさ!」 

私を訪ねてくれるお客様とは、大抵、ワインを通じて知り合う。幸い、この手の冗談も飲み干してくれて、いい具合にイタリアに浸かってくれてます!

|

2013年3月24日 (日)

私の先生

主治医を変えてみた。

診療所の待合室にはどんどん人が溜まっていく。

このフロアーには、いくつかの部屋があって、この日は、3人の内科の先生がいるらしい。

私がお世話になるのは、ビアンキーニ先生。
この先生を待つ患者は、私を含め、二人だけ。

番が来て部屋に入ると、デスクには、タバコの煙がツ~っと立ち上っている。

「ちょっと待って~」

レトロな感じの先生は、
コンピュータに向かって、何やら一生懸命の様子。

「はい、お待ちどうさん」

「先生、私、初めて来ました」

「じゃ、まず、個人データを入力せねば・・・」

そう言って、私の名前や生年月日、税金支払証明番号などを入力し、送信キーをたたくと、コンピュータは固まった。

「先生、きっとこのコンピュータ、日本語 知らなくて悩んじゃってます・・・」すると、先生はしゃがれた声で笑い、また、一から入力し始めた・・・・がしかし、また固まった。

「オ~何てこったい!
コンセントを抜いて、立ち上げ直しだ…」

3度目の正直でやっと送信できたものの、
今度は、私のデータが複数、保存されてしまっている。

「mu…削除せにゃ…」

「先生、何だったら私、双子になりましょうか?」・・・

この先生につく患者がいない理由が分かるような気がした。でも、その道で浮いているような、癖のあるタイプを面白がる私は、この先生との出会いにワクワクする!

「先生、もうすぐ大事な出張があるんですけど…」
と訴えると、「大~丈夫!それまでには、治る治る!」
とはっきり言われ、もう既に、治ったような気分になった!

Img_6808


|

2013年3月 1日 (金)

寒さが過ぎ去りつつ3月

今日は、パトリッツィオの尿路結石の手術です。

(朝の7時に病院にいなければならない、
ということは、もう、手術は終わったのかな?)

彼は、定期的にこの手術を繰り返す必要があり、本来だったら、半年前には手術を終えていなければならないのですが、病院からの呼び出しがなく、出血が続く生活を送ってきました。

血液不足から、疲れやすく軽いめまいを起こしていた彼。

「嫌な予感がするんだよ。
恐らく、俺の体のあちこちの機能が弱り果てて、
手術に耐えられないだろう、と判断されたから、
呼び出しがかからないんじゃないか?って」

待ち続けることに痺れを切らせ、
パトリッツィオの奥さんのルチアが病院に乗り込み、
その3日後には手術が決まりました。

流石、ルチア!

2001年、私はパトリッツィオに雇われエノテカで働きはじめ、2006年には、エノテカを閉めて、彼とアクアボッラのレストランを手掛けるようになってから、彼と過ごす時間は、とても長いものとなりました。

2011年の末、レストランは閉めたものの、(空き家の状態では物騒だ)とうことで、パトリッツィオはアクアボッラに通い続け、私もアクアボッラに遊びに行っては、毎日、昼食を共にしてました。

しかし、昨年の10月末には、
私達の憩いの館であったアクアボッラの鍵を役所に返却することになり、私は家でティティちゃんと、そしてパトリッツィオは実家で家族と暮らすスタイルへと、環境が変わりました。

昨年の11月から御正月にかけて、
急に静かな生活環境になり、正直言って寂しかった。

でも、同時に、彼の体の症状を知れば知るほど、彼の健康を切望するようになったので、新たな生活環境で良かったとも思い、複雑な気持ちが共存していました。

奥さんのルチアは、ほぼ、菜食主義。
食材の質と栄養には、相当な拘りがあります。

栄養をしっかりと摂り、
年金生活に入ったが故に、彼がこれまで感じていた責任感やストレスを取り除き、必要なことは、ルチアがしっかりと受け止めてくれる。

彼女に対する敬服の思いが、自分の中に湧いてきた。

その後も、パトリッツィオとは毎日、電話でやり取りをし、週に3~4度は昼食を共にする。そのうちに1~2回は、彼の家で昼食をとります。

彼の家には、92歳になるルチアのお母様と、
そんなお母様を看病するルチアの姉、フランチェスカがいて、「あら、いらっしゃい!」といつも嬉しそうに迎えてくれます。

パトリッツィオは、常日頃から私の話題を家族にするので、私の存在は、彼らにとって日常の一部になっているかのようです。

「はい、これ。トスカーナのお菓子の本よ。
お菓子にまつわるエピソードやレシピが書かれているの。
この前、図書館に行った時に、あなたを思い出して、ついでに借りてきたわ!」

「ま~っ!私のことを考えてくれたの!嬉しいわ~!」
といって、両頬にキスをしてくれるフランチェスカ。

ルチアも私にとても優しく、洋服ダンスにあるセーターの半分以上は、彼女がかつて着ていたものです。

気がつくと、私はパトリッツィオの家族に、
親戚のように迎えられている。

昔、彼と一緒に過ごす時間は、
女性として、愛情を感じられてとても嬉しかった。

でも、今、環境が変わり、
パトリッツィオを愛おしく思う気持ちは深まり、それに加えて、彼の家族への感謝と愛情も感じるようになった。

人それぞれ、置かれた環境があり、
そこで得た経験から人生を学びとる。

気付くと、もう3月。

厳しい寒さを通り越し、柔らかな桃色の芽が膨らみかけている。

それは正しく、奢り高ぶることのない、
うっすらとしたトーンの愛の開花です。

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »