« イタリアでの商談のコツ | トップページ | イタリア 素顔のスローフード »

2011年8月25日 (木)

イタリアワイン 収穫速報 2011

灼熱のうだる日が続くイタリア。

しかし、9月は着々と近づいている。

秋の気配を感じ始めると、
「今年の葡萄はどうですか?」と訊ねられます。

そこで今日は、イタリアのウェブサイトWine Newsより、
2011年8月24日付、収穫に関する記事を御紹介しましょう。

~イタリア発泡酒の微笑み~

世界のワインマーケットにおいて、
質・量共に伸びを見せる
Made in Italyの発泡酒。

2011年ヴィンテージは、作り手に更なる活気を与えている。

ワインの作り手、および各協会のコメントによると、
春先から気温の高い日が続き、フレッシュな酸を保持したことから各地で早くも収穫がスタート。

格付Doc Trentoの地では、8月16日から収穫開始。

「葡萄の品質は上場。分析の結果を見ても記録的なヴィンテージとなりそうだ」
そう語るのは、ワイナリーLa Visの責任者、Fausto Peratoner氏。

フランチャコルタに於いても良好。
「最近の酷暑が葡萄の質に影響を及ぼすかと懸念したが」
そう語るのは、早期から収穫を手がけたワイナリーCastello Bonomiのエノロゴ Leonardo Valenti氏。

有名ワイナリーBellavistaTerra Morettiグループ)においては、若干遅れ気味ながらも、現時点で、既に60%の葡萄は収穫済み。
エノロゴの
Mattia Vezzola氏は、完璧だ!と語る。

Villa Crespia di Arcipelago Muratori社 そして、フランチァコルタ協会の代表Maurizio Zanella氏も
「全ての地区で申し分ない」と確信。

一方、プロセッコの生産地では、本日から収穫開始。
Zoninの技術担当者Stefano Ferrante氏は、
「葡萄は健全だ」と語る。

また、ヴェネト州のワイン記者Gianluca Bisol氏は、「格付Docg コネリアーノ ヴァルドッビアーデネの収穫は、量・質共に申し分ない」と語り、協会会長のPaolo Massone氏は、「Oltrepo Paveseでは収穫終了。葡萄は健康的で高品質」と語った。

Docg アスティワインの責任者、Giorgio Bosticco氏は、「Astigianoのスプマンテの収穫は始まったばかり。ここ最近の猛暑で量に影響を受けるかも知れないが、健康的な葡萄、しっかりとしたアロマからして素晴らしいワインが期待できる」と語った。

さて皆さん、2011年の葡萄で作られるイタリアン発砲酒は、相当期待できそうですね!

「じゃあ今年の冬は、イタリアの発砲酒で乾杯!」
といきたいところですが、

これらの葡萄がワインへと変化し、瓶詰めされ、
市場に出荷されるまで、まだ時間がかかります。

2011年の葡萄で作られたスプマンテを手にしたら、
どんなシーンで乾杯しましょうか?

そんな想像をゆっくり熟成させながら、
楽しく待ちましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

|

« イタリアでの商談のコツ | トップページ | イタリア 素顔のスローフード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イタリアでの商談のコツ | トップページ | イタリア 素顔のスローフード »