« 春が来た! | トップページ | 自分を耕す »

2010年3月17日 (水)

taste

本日、フィレンツェで行われた食の催し会「taste」に行ってきました。

カフェ、チョコレート、お菓子、蜂蜜やチーズ、バルサミコ、トリュフ、サラミなどなど、
300件以上の作り手が出展する食のエキスポです。

沢山の試食から特に印象が残ったものは、

ピストッキのチョコレートケーキ。

http://www.tortapistocchi.it/#

チョコレートの巨匠が手がけるチョコには、卵、バター、小麦粉、砂糖は一切使用されておりません。

純粋にカカオで仕上げたソフトでクリーミーなチョコレートが口中で溶けていく瞬間、それはそれは贅沢なひと時です。

そして、お次はGARDINIの板チョコレート「Cacao&Sale」。

ビターチョコレートと塩、という意外なコンビネーションですが、これがまた美味しい!

甘塩がチョコの甘みを際立たせ、控えめな甘みと塩気の余韻が口中に美味しく続きます。

また、ハーブティーも見逃せません。

2009年のG8の朝食に採用されたというAr.the

沢山の種類のブレンドティーが並びます。

オレンジやレモン、ベリーの実にローズマリーなどのハーブがブレンドされたイタリアンテイストのお茶は、ティータイムに明るいイタリアの日差しをもたらしてくれることでしょう。

毎年この時期に行われる「taste」は一般の方でも入場できます。

来年、3月にフィレンツェ方面へ旅行をお考えの方、
是非ツアー内容に盛り込んでください。

さて、最近考えることなのですが、
ワインやオリーブオイルの他に、食生活に明るいアクセントを加えてくれるような食材アイテムを増やしていきたく思っています。

ごく普通の日常生活で楽しめるイタリアン。

ちょっとの塩加減が料理の味を引き立てるように、日常生活で美味しい食材と触れることにより、自分の気持ちがなんとなく幸せモードに引き立つ。

近い将来、そんな商品を販売していきたく、
只今構想中です。

460_small

|

« 春が来た! | トップページ | 自分を耕す »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。