« 搾りました | トップページ | 40代、大人のお稽古 »

2009年11月 8日 (日)

ゆっくり ブルネロ支度

今日は

バッカスです。

「ボンジョールノ、誰かいるかーぃ?」

威勢のよい声と共にブルネロが到着したようです。

「ありがとうね、わざわざ届けてくれて。助かるわ~」

「それにしてもkiyomiは強いよ。この時代にブルネロを売ってくれるんだもんな。そして、なによりも日本のお客様は有難い。イメージのよい華やかなブランドを選ぶのではなく、家族経営の小さな作り手を分かってくれて、そんな農家のブルネロを評価してくれるんだから」

追加注文のブルネロが届いたところで、また日本に向けた発送の再開です。

さて、皆さんは商品が届くまでの時間をどう過ごされますか?

旅行の計画を立て始める頃から旅気分を味わえるように、ブルネロを開栓するシーンを描くことによって、スペシャルなパーティー気分を今から味わい始めることとしましょう。

ブルネロのある食卓。

どんな料理を用意しましょう?

まずはブルネロの生い立ちとその性格を知り、彼にふさわしい食のパートナーを探すことにします。

一ヘクタール当り8トン以下の収穫が義務付けられた葡萄畑。

葡萄の房が色づき始める7月には剪定が行われ、収穫に向けて養分を集中させるために1本当たり8房ほどを選び、残りの房は切り捨てられます。

更に、収穫を目前に控えた9月にも更なる葡萄の品質向上を目指し、房と房の間隔をあけて陽と風通しをよくするために房が切り捨てられ、残った葡萄の房にブルネロの任命が与えられます。

収穫された葡萄はその後、最低2年間を樽中で過ごし、5年後の11日から販売となります。

2009年、この秋に収穫された葡萄は、2014年の11日から販売開始となるのです。

さて、長期熟成ワインの出来とは、一体どのようなものでしょうか?

カレーを思い出してみましょう。

煮込み時間の短いカレーは、人参やジャガイモなど、それぞれの具に歯ごたえがあり、各々の味が独立していますが、弱火で長時間じっくりと煮込んだカレーは、具は柔らかく解れ、スープにはそれぞれのエキスが流れ込み、口中の触感も味覚も、丸みを帯びた深みある味わいをお楽しみいただけますね。

ブルネロも、樽の中でゆっくりと酸素呼吸をしながら熟成することにより、タンニンや酸味、果実味などの要素が丸く溶け合い、樽から移るスパイス香も馴染みます。

色々なトーンが自然に存在する光景は、色とりどりの木々に湿った土(タンニン)、野生の赤い果実(果実味)、真っ青に澄んだ空(酸味)、とまるで森を散策しているようです。

さて、時間たっぷり注がれて仕上がったブルネロ。

このワインに相応しい食の相手も、
「時間たっぷり」というキーワードから探してみましょう。

長い熟成期間を経て作られたハード系チーズ。
確かに、一口飲み込んだ後の余韻の長さは、ブルネロのそれに匹敵します。

ジビエ(野生肉)の煮込みはどうでしょう。
野菜と赤ワインで一晩マリネされ、香辛料と共にコトコト煮込むこと3時間、4時間・・・・

とろける肉の旨みにスパイス香が馴染み、複雑ながら丸みある味わいはブルネロとよく合います。

タンシチューも、いいですね。

ここからは皆様に味わいの旅気分をバトンタッチ。

百貨店のお惣菜コーナーにてガラスケースを眺めながら、
「こんなものもいいかも?」 「あれも、試してみようかな」
とイメージを巡らせますか?

それとも思い切って休日に料理を仕込みますか?

美味しいお料理とブルネロの準備が整いましたら、今度は皆様がゆったりとした気持ちで臨んでください。

長い余韻を楽しみましょう。

Buona festa! (よいパーティーを!)

|

« 搾りました | トップページ | 40代、大人のお稽古 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。