« 40代、大人のお稽古 | トップページ | SA-YO-NA-RA »

2009年11月15日 (日)

ブルスケッタしましょう!

今日は

ティティです。

私も桃太郎君も冬支度に入り、まん丸くなってきました。

271

皆さんも食欲の秋が深まり、まん丸くなってきていますか?

猫は、春がくる頃には毛が抜けて元に戻りますが、Kiyomiさんは昔のお腹の肉をまだまとい、
「これは、ステーキと美味しいワインで出来た高級肉!」
といって時々腹鼓を打ってます。

さて、これからパーティーシーズンに入りますね。

スケジュールに管理される毎日。

パーティーくらいは規制に縛られず、伸び伸びといきましょう。

そこで、普段の食事を一工夫。

カロリーではなく、鮮度感と質の高さをもって美味しく賢くヘルシーメニュー。

イタリアでは絞りたてのオリーブオイルが出回り始めました。

新鮮なものの持つ旨みを堪能するには、シンプルな調理法が一番。

この季節、イタリアでの定番メニュー「ブルスケッタ」をご紹介いたしますね。

新鮮なオリーブオイルが手に入りましたら是非、お試し下さい。

まず、お手元にあるパンをトーストします。

こんがりと焼けましたら、パンにニンニクをすり込みます。

そして、パラパラっと軽く塩をふり、オリーブオイルをまわしかけて出来上がり。

参考映像をご覧になりたい方は、こちらをクリック。

  http://www.youtube.com/watch?v=ikNZ5J5C-F4

さて、これをベースに、色々と応用してみましょう。

ニンニクをすり込んだパンに、トマトを載せてからオリーブオイルをまわし掛けてみてください。
オリーブにトマトとニンニク。
イタリアの国旗色のようなこちらの組み合わせからはイタリアが飛んできます。

庶民の食べ物ですので
わざわざ買い物に出かける必要はありません。
台所にあるもので試してみてください。

トマトの変わりに、ツナを載せましょうか?
キャベツの煮たものはどうでしょう?
アンチョビ、ブルーチーズ、マッシュルームの缶詰に赤玉ねぎの薄切り、ほうれん草、アスパラガスとゆで卵・・・

パンに乗せて、一つまみの塩をふりかけ、オリーブオイルをかけるだけ。

簡単で美味しいです!

そしてご飯党の方、
「イタリア風ライスサラダ」を作ってみましょう。

本来夏のメニューですが、暖房の利いた日本の生活環境では、冬でも美味しく召し上がれますね。

ボール(どんぶり)に、冷ご飯を入れてください。

そこに、サラダになりそうなものを一口大に切ってどんどん入れてみましょう。

トマト、レタス、カマボコ、グリーンピース、トウモロコシ、玉ねぎ、一枚だけ残ったハム、ウインナー、シュウマイ、朝食の残りの焼き鮭、しその葉、ネギ・・・冷蔵庫に何かはありますよね?

塩・胡椒をまぶし、オリーブオイルをまわし掛けたら出来上がり。

お醤油をちょっとだけ加えると、味がより引き締まります。

参考映像をご覧似なりたい方は、こちらをクリック。

http://www.youtube.com/watch?v=Yb62BFbrgnM

今回はあえて、ざっくばらんにレシピを御伝えしました。

日本のお味噌汁のように、食文化とは庶民が親しむ日常食から自然に生まれます。

イタリアの田舎には24時間オープンしているコンビニエンスなお店はありません。
また、季節外の野菜や果物が運ばれるロジスティックなシステムも引かれていません。

皆、家庭にあるものを工夫して、旬のものを気軽に食べる。それが簡単で美味しいからこそ、定番となり、その国を象徴するメニューとなります。

そんな食文化マインドをご紹介したく、
準備する材料として

「わざわざ買い物に出かける必要はありません」と呼びかけてみました。

最後に、オリーブオイルは肝臓の解毒作用を強め、悪酔いを防ぐ効果があります。

これからの季節、オリーブオイルと共に益々健康にお過ごしくださいね。

Buon appetito !

|

« 40代、大人のお稽古 | トップページ | SA-YO-NA-RA »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。