2017年4月29日 (土)

ようこそ、ワインたち!

4月、2か所の試飲会で惚れてしまったワイン達が
着々と到着!

「ワインがまだ届きませんけど、
 今、どの辺にあるか、調べてもらえますか?」

と電話をいれると、どの作り手も、声色が曇る。

「まだ届きませんか?」

家族経営の小さな作り手だから、
オーナー自らが荷造りを整えて、運送業者を呼び、
自分たちの蔵から、初めて旅立っていくワインを見送った故に、届いていないと、不安になる。

北イタリアからのワインは、
2つの運送会社にバトンタッチされながら、
ここ、中部トスカーナの私の元に到着する。

ワインが届くと、作り手にすぐ連絡をいれる。

「ボンジョールノ。シエナのエノテカトスカーナです!
 今、ワインを受取りました。
 破損なく、全て無事です!」

すると、作り手の声にパ~っ陽が差す。

「それは良かった!」

今度は、私が発送人となって
皆様のご自宅にお届けする番です。

上手く言葉に出来ないのですが・・・・

ワインを通じて、沢山の気持ちを共有しましょう!

皆様の健康に、サルーテ🍷

Img_6583

Img_6423

Img_6413

Img_6469






|

2017年4月28日 (金)

イタリア人のオペラ魂

普通の日常の出来事も、
イタリア人にかかると、ストーリー性が加わって、
話に巻き込まれてしまう事がよくある。

何でもない事でも、
イタリア人は、豊かな表情と身振りで、
舞台のセリフのように語る事がよくある。

こと、表現を大切にするイタリアオペラ。

シチリア島カターニャで生まれたテノール歌手
Salvatore Fisichellaのマスタークラスを通じて、
イタリアオペラの魂に触れてください!

|

2017年4月26日 (水)

思い出の歌

ふと、ユーチューブで
ミスターチルドレンの「終わりなき旅」を聴いた。

イタリアに留学をしたての頃、
何度、繰り返して聞いただろう?

せめて、歌詞に慰められたくて、
20回くらい繰り返しながら聞いていたあの頃、
今思えば、普通じゃなかったね。

イタリアに来たばかりの頃は、
意志はあるものの
イタリア語で相手に伝える事ができない。

人と居たいのに、
相手の言っている事が分からなくて、
自分の居場所がなくて、
委縮してしまっていたあの頃。

自分が惨めに思えて・・・
でも、周囲に媚びる事はしたくなくて。

時々、高級な商品を買ってお店の人の気を惹いたり、
一度面識があるだけの、肩書ある人の名刺を、トランプのジョーカーのようにちらつかせたりしながら、

「私は、それなりの人間なのだ」

というメッセージを発信していた。

どんなに日本で色々な事をしてきたとしても、
イタリアに来たばかりの頃は、
「表現がうまく出来ない」という事だけで、
まともな対応をされない度に、
自尊心が傷つき、もがいていた。

30歳代だったから、頑張って乗り越えられた。

ふと思う。

高齢になって突然倒れてしまった人、
病気になってしまって、
今までのような生活を送れなくなってしまった人は、
「今」社会に対して表現が上手く出来ないという事で
劣った人のように扱われるような事があっては、
絶対にならない。

若い頃の私が、自分の意思で留学を決め、
環境の変化に戸惑っているのとはわけが違う。

突然、環境の変化を強いられ、
それに向き合う体力・気力も限られている。

残された貴重な時間、
小さな幸せにほほ笑みながら、
今日を愛でながら穏やかに過ごしてもらいたい。

自尊心が傷つけ、気持ちが委縮してしまうような過ごし方はしてほしくない。

心が亡い忙しい状況が、
無意識のうちに弱者や高齢者を傷つける事がありませんように。

ふと「終わりなき旅」を聞いて、
あの頃の窮屈だった気持ちを思い出した。

思い出せて良かった・・・


|

2017年4月25日 (火)

コンサートにご招待

今宵は、エンリコ モリコーネの世界に
包まれてみませんか?


|

2017年4月24日 (月)

そよ風が気持いい今日この頃、

「いつでも変わらずに、私は君を愛するだろう・・・」

と歌う、Alma del coreが聴きたくなりました。


|

つばめさん、今日は!

今年もツバメたちがやってきた。

時々、窓から部屋に入ってきて、
ビービービービーっと鳴きながら2~3周して出ていく。

そんなツバメをティティちゃんは眺めているけど、
狩をする気は全く見せない。

パトリッツィオ曰く、つばめは、

「おい、間抜け猫!よく聞け!
 これから子供が生まれて、飛行の練習をするんだ。
 手を出すな真似したら、
 お前の目玉を突っつくぞ!」と言っているらしい。

ホントかな?

Img_6549

Img_6390_2

|

2017年4月23日 (日)

シエナ人の、ちょっとした贅沢

今日は生産者直売マーケットに行って、
沢山の野菜と熟成20日の若い羊のチーズを買った。

普通のお店と違って、
ここに陳列されている野菜には値段が書かれていない。

にも拘わらず、客は

「ラディッキョとアスパラ1束、アーティチョーク、
 そしてソラマメを頂戴・・・」

と、次々に品を注文する。

スーパーより高いけど

「ちょっとマケてくれない?!」

という声は滅多に聞こえてこない。

1か月ほど前の新聞に、
Bloombergによる健康食生活ランキングが掲載されていて、イタリアは見事、1位に輝いていた。

イタリア、というと
スパゲッティやピザ、フィレンツェ風ビステッカ、
それにチーズやドルチェなど・・・

高カロリーなものが挙げられるけど、
実際のところイタリア庶民は、
野菜や果物を沢山食べる。

季節外れの野菜や、遠くから輸入されたものではなく
地元の食材と、地元の八百屋に信用を置いている。

八百屋と客の賑わいに触れていて、
ふと、昭和時代の商店街を思い出した。

当時、八百屋の前を通ると、
店の兄ちゃんが威勢の良い声を張上げて、
かごに乗った野菜を売っていたな~

今でも、あの頃の商店街のおじちゃんやおばちゃんの顔を覚えているのは、対話で商品を買っていたからなのね。

ますます賑わうシエナの生産者直売マーケット。

ここでの買い物の時間、楽しいです!

Img_6496

Img_6501

Img_6500

Img_5603





|

2017年4月22日 (土)

葡萄畑 春の試練

スローライフの国、イタリア。

自然と穏やかに共存する情景を連想しがちだけど、
実は、自然から試練を突きつけられる事も多い。

朝、庭先の畑に行くと、
大家のアルドおじさんの植えたトマトが、
しょんぼりと萎えていた。

「昨夜の寒さで、トマトがこんな始末だ。
 引っこ抜いて、植え替えなきゃならん」

なかには、何とか耐え抜いた茎もあるけど、
それは、プラスチックの容器をかぶせておいたから。

路を挟んだ向こうには、
キャンティの葡萄畑が広がっている。

ついこの前まで、初夏のような気温に触発されて
グングン成長する葡萄はどうなってるんだろう?

畑に入ってみると、若々しい緑の葉は
お日様に向かって光合成をしていたのでホットした。

時々、ワインの作り手からこんなセリフを聞く。

「大変な事があった年だったけど・・・結果的に、
  自分達の想像を超える美味しいワインが出来た事に
 とっても満足してます」

私はイタリアに来てから、大なり小なり、
喜びを沢山、感じ取れるようになった。

それは、イタリアに来てから運気が好転して、
いい事が起こるようになったわけではなく、
むしろ逆で、
日常生活で発生する(ちょっと、シンドイな・・・)
と感じる問題を乗り越える度に湧きあがる爽快感が、
嬉しいだけ。

ワインが作り手の元を離れると、
市場に陳列されたワインは値段やラベル、
ヴィンテージが優良年であったかどうか?
などで評価されがちだ。

以前、日本のインポータの方と仕事をしていた時、

「このヴィンテージについて優れた点、
 プレミアムを受賞した内容等を書いてください」

と言われ、いい事ばかりをレポートしていた。

でも、自然と共存する作り手、
その作り手に共感する事から、
もっとワインが美味しく飲めるような気がして・・・

スローライフの国、イタリアが生み出すワインに
「共感」という工程を加え、
ワインに響きを与えたい。

ここ数日の霜で被害にあった作り手に、
エールを送りたいです。

Img_6443

Img_6447

Img_6445

Img_6397

Img_6395

Img_6398

|

2017年4月20日 (木)

パバロッティと彼のお父様

|

ワクワクしながら学ぶって、素敵な事だな

教える人と学ぶ人。

どちらも、本当にいい表情している。

|

«悪戯メールにご注意ください