2016年11月11日 (金)

私の好きな曲シリーズ(^^♪

只今、搾りたてオリーブオイル&ワイン、その他の御注文を受け付け中。
日常の様子の配信まで、少々お待ちくださいませ!
今日は、こちらの音楽をお届けです!

|

シエナから日本へ  オリーブオイルやワインが旅立ちます!

絞りたてオリーブオイル他、ワイン等、
トスカーナ州シエナより、日本に旅立ちます!

作り手さんや商品の紹介をする機会が多いのですが、
皆さまの手に渡るため、
影で働いてくれる運送会社のアルベルトをご紹介!

彼は、「キヨミ、今日は17時頃に向かうからね」

とか、

「キヨミ、トラックが一杯になってしまったから、
 一度、倉庫に荷物を降ろしてから向かう。
 19時を過ぎてもいいかな?」とか、

連絡をくれるのです。

彼の働く事務所のスタッフも、とっても友好的です。

愛情込めて作ったワインやオリーブオイル。

大切に、日本に向かってます!

|

2016年11月 5日 (土)

トスカーナの搾りたてオリーブオイル♪

皆様、今日は!

2016年
搾りたてのオリーブオイルの発送が始まりました。

エキストラヴァージン オリーブオイルが
何故、身体によいのか?

それは、オイルの中に含まれているポリフェノールが、
抗酸化物質の性質を持ち、
癌や動脈硬化の予防に働きかけてくれるからです。

そして、このポリフェノールには苦味があるのです。

ですので、苦味が全くないオリーブオイルは、
食べやすいかもしれませんが、
体への恩恵が薄いと言えます。

シエナの作り手、
ファンチュッリ農園のオリーブオイルは、
「フラントイオ種」「モライオーロ種」
「レッチーノ種」などのブレンドです。

トスカーナの品種である
フラントイオ種とモライオーロ種。

この二つの品種は、他のオリーブよりも多く、
ポリフェノールを含んでいます。

故に、オリーブオイルに苦味を帯びているのです。

そして、フルーティーな味わいを持つレッチーノ品種が
そこに加わる事によって、オリーブオイル全体の味わいにバランスを保つ事が出来るのです。

搾りたてオリーブオイルを口にされて、

「わ~、苦い!」と思われる方。

本日から、この苦味を

「わ~!健康な要素がいっぱい!」

と意識されてみてはいかがでしょうか(^^♪

世界で生産される
エキストラヴァージン・オリーブオイルのうち、
50%はスペインで生産されます。

イタリア産は、世界の24%。

イタリア全体の生産量のうち、
プーリア州、カラブリア州、シチリア、
カンパーニャ州等、南イタリア全体で89%を占め、
トスカーナ産は、わずか3%。

シエナのオリーブオイルは、とっても貴重なのです!

皆様から、

「今年、イタリアでは
 オリーブの被害が大きいと聞きますが、
 トスカーナはどうでしょう?」

と質問を受けます。

今年はとても変な現象があり、
地区ごとに、当たり外れがあります。

ファンチュッリ農園に於いては
収穫に恵まれておりますが、
シエナ近郊では、害虫の被害を受けた畑もあります。

生産量を誇る南イタリアでは、
今年、春の長雨に悩まされました。

受粉の時期に雨が降り、花粉が飛び交う事ができず、
そのため、実の数が極小となりました。

それに加え、
トスカーナ同様、害虫の被害が大きいところ、
免れたところがあることと思います。

これまで、私から商品をお買い求めいただいた方に、
10月26日、搾りたてオリーブオイルやワインのお知らせを送信させていただきました。

お知らせを受信されていない方、
もしくは、私に注文メールを送信してくださったものの、私から返信のない方、

恐れ入りますが、
再送していただけましたら助かります。

では、素敵な週末をお過ごしくださいませ。

Ciao ciao!

大多和聖美

Img_4921

Img_4911









|

2016年10月15日 (土)

イタリア歌曲

今日、ドイツ人テノールのKaufmannが、
イタリア歌曲を歌っている映像をみた。

彼は、イタリアの良い点を語ってくれている。

何だか、嬉しい!

私も、シエナの老人ホームで
昔のイタリアの歌をピアノで弾くと、
お年寄りから受け入れられる。

他国の音楽を演奏する、その姿には、
その国への理解やリスペクト(尊重)がある。

毎朝ニュースを見て、
隣国や他国の政治や経済の動向を見ているだけでは、
世界は平和に向かわないけど・・・

音楽の種が沢山まかれると、
少しずつ、世界が柔らかくなっていくと思う!

|

2016年10月12日 (水)

秋の味覚セット 準備中です!

チャオ チャオ!
 
シエナの自然と
ファンチュッリ農園の1年間のストーリーが味わえる
2016年 オリーブオイルが誕生しました!

昨年に引き続き、今年も良い出来です。

しいて昨年との違いを申しますと、
今年はグリーンが秀でていて、
包容力ある苦味を帯びた、
バランスが素晴らしい出来となっております!

オリーブオイル、ワイン等、発送のご案内は、
10月25日頃に送信したく、準備を進めております!

今年もどうぞ、宜しくお願いいたします♪

■搾りたてオリーブオイルの美味しい映像はこちら!




■2016年 収穫の様子は、こちらです!

|

2016年10月11日 (火)

2016年 オリーブオイルの誕生です!

今年のオリーブオイル、
自然と農園の人達の愛情から、
誕生です!

|

2016年10月10日 (月)

冴えない日の太陽

パトリッツィオに電話をした。

「ボンジョールノ、パトリッツィオ!」

すると彼は、
とっても小さな囁き声で挨拶を返してきた。

「ボンジョールノ、キヨミ」

愛犬のモッラちゃんが彼の腕で寝ているから、
起こさないように小声なのかな?

私は声を潜める必要がないので、
普通の声量で話を続けた。

「元気?」

「あ~、元気さ。 
 ところで、どうしてキヨミは、
 声を潜めているんだい?」

思わず、笑ってしまった。

「声を潜めているのは、あなたでしょ!」

「あ、そっか!」

この日の夕方、彼とレストランに向かった。

高速を走っていると、目の前が雷で光った。

「オ~、見たかい? 神様に写真を撮られたぞ!
 いいカップルがいる!って」

今日は雨。

気温もぐっと下がって天気は冴えないけど、
ユーモアに触れたお陰で、温かく過ごせた。

イタリアは、常夏の国ではない。

にも拘わらず、いつも太陽のイメージがあるのは、
温かいユーモアがあちこちに灯っているからなのかな♪






|

2016年10月 9日 (日)

テノール歌手とサンジョヴェーゼ

1670年に
イタリアのモデナで生まれた作曲家Bononcini。

彼が作曲した「Per la gloria d'adorarvi」を、
3人のテノール歌手で聴き比べてみる。

ピアノの伴奏のみ、という同一条件で
それぞの個性の違いを楽しむ事は、ワインに例えると、

トスカーナで育ったサンジョヴェーゼ品種のワインの飲み比べと似ている。

力強い骨太のタイプ
澄んで清らかなタイプ
輝きを放つヴィヴァーチェなタイプ・・・

どれもいいのです♪






|

2016年10月 8日 (土)

来週からオリーブの収穫です!

道を挟んだ西側には、収穫を終えて
緊張から解放された葡萄畑が広がっていて、
東側には、収穫を間近に控えたオリーブたちの
凛とした姿があった。

今年のオリーブはミバエにやられてしまいそうだ!
と心配されてきたけど、

要所要素の処置を怠らなかった畑には、
見事なオリーブが成っている。

花の開花時期には、
ミネラル、塩、銅、堆肥を葉に散布し、
開花を助けつつ、傷ついた枝を消毒する事で、
そこに寄生虫が発生しないように施す。

通気性を保つため、枝を剪定する。

雑草が伸びると、葉の朝露がオリーブの枝に触れ、
その湿り気から病原菌が発生しやすくなるため、
適度に雑草を刈る。

8月に入ると、ゼラニュームが使用された液体を散布し
害虫を寄せ付けないようにする、等々・・・

春から夏にかけて、私はトスカーナの自然と
バカンス気分で触れてきたけど、
オリーブオイルの作り手は、
汗水流しながらオリーブを守ってきた。

それ故に、収穫の日を迎える喜びはひと際大きい!

シエナでは、
来週からいよいよオリーブの収穫に入ります!

Img_4674

Img_4673
Img_4669

Img_4659

Img_4676





|

2016年10月 7日 (金)

秋のマフラー

赤や黄色のグラデーションが楽しめる紅葉の秋。

夏のカラフルなテンションが落ち着いて、私たちも
シックな色合いのグラデーションを纏いたくなる。

街のショーウインドウで、
男性のシャツ&マフラーの着こなしを見かけた。

襟を立てて爽やかさ、
マフラーで胸板を厚く見せるのがコツなのかな?

マフラーは防寒として首に巻き付けるものだと思っていたけど、この時期だから、こんなお洒落使いが出来るんだね ♪

Img_4562

Img_4563

Img_4561

Img_4564

Img_4560











|

«サンヤコピーノ in Firenze