2017年3月27日 (月)

猫の街

パトリッツィオとの待ち合わせ場所に到着すると、
そこには、パオラとアンジェロもいた。

「あら~、サプライズ!」

私達は1台の車に乗り込み、
30分ほど離れたルチニャーノという街に行く事にした。

街に到着すると、職人が作業をしている陶器の店が目に留まったので、早速 覗いてみた。

店内には猫柄の作品が沢山並んでいる。

「猫の作品が多いんですね。
  猫を飼っているんですか?」

「ああ。寅柄の雄猫が一匹いるよ。
 この街は、猫の街、と呼ばれていて
 1家に一匹は猫がいるんだ」

それを聞いた途端、
心のボリュームがいっきにア~ップ!

高慢ちきに街を闊歩する猫が見たくて、
メインの通りから裏路地に入ってみた。

小さな路地は趣があって素敵なんだけど、
お目当ての猫が見つからない。

ラブラドールを連れた叔母さんを見かけたので、
ワンちゃんを撫でながら聞いてみた。

「この辺に猫はいるんですか?」

すると叔母さんは

「この路地の奥の広場にいるわよ。
 一緒に行きましょう」

と言って、犬を引きながら歩き出した。

広場に着くと、猫たちがあちこちから姿を現した。

しゃがみこんで猫を撫でようとすると、

「ダメダメ~、撫でちゃダメ~」

とジェラシーをむき出しにして、
叔母さんの犬が走ってくる。

ガイドブックには書かれていない街の情景。

小さな街の散策は、一期一会を摘みながら
のんびりと歩くのが楽しいです♪

Img_5943

Img_5942

Img_5904_2

Img_5912

Img_5924

Img_5931

Img_5939


Img_5899








 













|

2017年3月26日 (日)

パトリッツィオの通訳

バールを出たら、空はダークブルーに染まっていた。

「パトリッツィオ、
 さっきまで賑やかだった鳥の声が止んだわね」

「ああ。陽が沈んだからな」

「でも、あの電灯の近くで、
 クロウタドリがまだ鳴いてる」

「きっと、本を読んでいるのさ。赤ずきんちゃんだ」

「あら?
 私には、白雪姫を読んでるように聞こえるけど」

「キヨミ、いっしょだよ。
 物語は皆、‛昔々 あるところに・・・
 って始まるだろ?」

「そうね」

「もしかしたら、カリメロを読んでるかもな!?」

パトリッツィオはよく、散歩の途中で、
犬や猫、鳥の声を通訳してくれる。

彼の通訳に〈なるほど〉耳を傾けるけど、

猫をみかける度に
「人間野郎、あっち行け」と通訳するところをみると

猫語はあまり得意じゃないんだな、と思ってる・・・

Img_5961

|

2017年3月20日 (月)

メロメロ ミャオ!

|

2017年3月18日 (土)

心身に緑を取り入れましょう!

2週間ぶりにシエナに戻ると、
バス停の近くに地元農家の露店が並んでいたので、
早速、新鮮な食材を買い込んだ。

レタスは葉が厚くて噛み応えのある
「ロマ―ナ」と呼ばれる品種を選んだ。

そして「野の草」と呼ばれる見慣れない葉野菜やネギ、
ブロッコリー、ジャガイモ、
そして土で汚れた卵などを買い、
最後に、ジュリアちゃんのチーズを買った。

買い物袋から土の匂いがプーンと漂っている。

翌朝、30分以上かけて、葉野菜の泥を洗い落とし、
大きなお皿にサラダを用意した。

「凄く生き生きとした食材たち!
 私の体内で細胞たちが喜ぶだろうな~」

つい最近まで私は日本にいたわけだが、
エネルギーが全く湧かない日があった。

そして母に言った。

「お母さん、私、消耗しているみたい。
 エネルギーが湧いてこないのよ。
 外食やスーパーのお惣菜を食べる事が続いたでしょ。
 ちょっと、野菜を摂るわ」

その翌朝から、
私と母は、生野菜を沢山とるようにした。

そして、私に元気が戻った。

「病人に触れるとエネルギーを吸い取られる」とか
「愚痴の多い人といるとエネルギーを吸い取られる」

とか、あの方角は良くないとか・・・

自分を守る為の方法論を記述した本を見た事あるけど、
高齢化が進み、デリケートな事も増えていくこのご時世、弱い事を避けながら生きていくのは難しい。

だから、エネルギーをチャージしていくしかない。

私の場合、太陽を浴びる事、自然に触れること、
そして、新鮮な食材を体内に入れる事、これが
エネルギーのチャージになるような気がしている。

頭で考える事も大事だけど、
時々、自分にヒントが降りかかる。

このヒントを得る為、
時々、ドカーンと新鮮野菜を食べたくなる。

シエナの丘陵と同様に、私の体内も、緑です!

Img_5545

Img_5548

Img_5547

Img_5549


Img_5556




|

2017年3月15日 (水)

繋がっている人たち

左耳の奥に痛みを感じるので、
近くの総合病院に行った。

日本で耳鼻科にかかるのは、29年前ぶりだ。

受付で初診の手続きを終え、
待合室で私の名前を呼ばれるのを待った。

「大多和さ~ん、お入りくださ~い」

看護婦さんに呼ばれ先生の前に座った時、
思わず、大きな声を上げてしまった。

「あ~! 工藤先生!」

先生は、
「やはり、大多和さんですよね、お久しぶりです」

先生の声はあの時のままに柔らかく、
笑顔はもっと優しくなっていた。

29年前の冬、
私は顔面完全麻痺になってしまったので、顔への神経を通すため、耳の裏の頭蓋骨を削る手術をした。

その時、手術をしてくれた主治医の先生が、
工藤先生だった。

あれから先生は病院を変わり、私も引っ越をした。

突然の再開に、お互い驚き、懐しさに包まれた。

今回、短い日本滞在の中で、
高校時代の友達とランチをし、
中学と短大時代の友達と電話で話し、
松戸教会に顔を出すと、幼少の私を知る人から
「聖美ちゃん」と声をかけてもらい、
親戚のお姉さんや叔母さんと会い、田舎を懐かしんだ。

弟や妹と過ごす時間もあり、
両親とも毎日、濃い時間を過ごした。

これって、シエナ人の過ごし方に似ている。

シエナ駅の近くにあるコープや病院、
カンポ広場に続くメインストリートを歩くと、
シエナ人は、たいてい誰かしらと会う。

パトリッツィオはよく、立ち話をしないまでも、
軽く目で挨拶をしている

「あいつ、小学校が一緒だった。
 名前は憶えてないが・・・」

そして時々
「今日は、従兄弟にでも会いに行くかな?」
と思い付きのまま、車を走らせる。

私はこれまで、
自分の仕事に関わる場所に出向いてはイタリアを語り、
そこに集う人と、縁を深めようとしていた。

今回の帰省で会った人は、
私の仕事には係りのない領域にいる人が多く、
また、彼らにあった時、
私は「イタリア」の話題を殆ど口にしなかった。

自分の中に、バランスを感じる。

仕事の世界に生きる自分と、人間社会に生きる自分。

40代の価値観の変化って、目まぐるしい~!

いつも思うけど、今が一番、楽しいです!


|

やっぱりいいな~ ふぞろいの林檎たち

まだ、ダイヤル式の電話だった、あの時代に
しばし、浸りましょ!

|

2017年3月14日 (火)

家族や掛け替えのない人が病気になると、
大変で辛い事ばかりが起きると思っていた。

時に涙するけど、
それって、決して、悲しいだけではなくて、
家族の再結束、想いを寄せてくれる人への感謝、
病気の人の笑顔に励まされる等、
自分でもよく分からないけど、
慈愛に触れた時に心から溢れるような・・・
そんな涙であったりもする。

そんな涙が降って、人を思いやる、という感覚が、
私の心に発芽してきたような気がする。

涙を受けて、今まで感じた事のない、
とっても大切な感覚が、
ゆっくりと開花している今日この頃です。

|

加工物だらけになっちゃうよ~

今の日本「ニンニクを食べた後に・・・」などの
キャッチが入った口臭を消すサプリやキャンディが、
以前より多くなった気がする。

1か月くらい前、
シエナの老人ホームでのボランティア中に
「誰だい!朝からニンニクを食べたのは?!」と
ある御婆さんが声を上げたので、

「私でーす!だって、ニンニク、好きなんですもの。
 玉ねぎも長ネギも好き!」と答えた。

すると近くにいた車椅子のお婆さんが私を手招きした。

私の首に手をかけ引き寄せると、
私の右ほほにキスをしてくれた。

「愛しのニンニクちゃん」

そして今度は「愛しの玉ねぎちゃんの分」と言って、
左頬にキスしてくれた。

このとき、私は恥ずかしと委縮する事なく、
賑わいを楽しんだ。

私はニンニクをよく食べる。

自分でも「ちょっと臭うな」と思う時、
パトリッツィオに「臭うでしょ?」と聞くと、

「いいや。これは香だ。気にならないよ」
と笑顔で答えてくれる。

時々、体臭や口臭について、
鼻をつまんだり、
空気をかき消すように手を振ったり・・・
嫌悪感を態度で表す人を見るけど、私にとっては、
そんな態度の方が、その場の空気を乱していると思う。

今日、口臭予防キャンディの原材料を見てみた。

着色料、甘味料、保存料、
合成なんとか、かんとか・・・

ただでさえ加工物が多い食の世界。

マナーと称して、
こういう商品が増える事に疑問を抱く今日この頃です。

|

2017年3月12日 (日)

今日は美容院に行った!

日本に帰省して10日目。
今日は地元にある美容院に行った。

カット&ブローを2,200円でやってくれるお店に行ってたけど、今日は、それより300円安い、1,900円のお店に入ってみた。

担当してくれた男性美容師は、
昔、金八先生に出ていた不良少年、加藤勝役をちょっぴり良くしたような、好感が持てる青年だった。

「1年ぶりなのよ、美容院」

「1年ですか?」

「そう。自分でジョキジョキ、切っちゃうの。
 前髪、ちょっと変でしょ?」

「確かに前髪、豪快ですね・・・
 この部分、本当は横の髪の部分なんですけど・・・
 この部分だけは、前髪と一緒に切っちゃダメです。
 伸ばしてください」

「前髪、揃えてくれる?」と言うと、

これ以上 切ったら前髪が立ち上がって
ゲゲゲの鬼太郎に出てくるキャラクターみたいになっちゃいますよ、と言われたけど、そんなキャラクター、いたっけか?

それから私たちは
ゲゲゲの鬼太郎のキャラクターを口にしあった。

今思えば、隣でカットをしていたお客さんに、
変に思われたかもしれない。

1900円のカットにしては、
とっても丁寧にシャンプーをしてくれた。

この金額だから、お客さんが次から次へと入ってくる。

だから、彼の手は相当荒れている。

明日、オリーブオイル入りのハンドクリームを
持っていってあげよう♪

「とっても髪の状態がいいですね」と褒められた。

「そう? 実は、シャンプーだけなの。
 1年前からトリートメントを止めたのよ」

「え~、頑張ってトリートメントしてくださいよ。
 そうしれば、もっと、良くなりますから」

「そうね~」と答えたものの、

私は、無農薬のシャンプーを2日に1度、薄めて使い、
トリートメントの使用をやめてから、
抜け毛が減り、
枝毛も少なくなった事は言わないでおいた。

「とっても満足です。ありがと!」
と言ってお会計をしたら、

彼は「せめて、半年後に来てください」と言って、
ブリックパックの珈琲をくれた。

今日も、色々、嬉しい事、感動した事、
ちょっぴり泣いてしまった事があったけど、
美容院のひと時、楽しかった~♪

|

2017年3月 4日 (土)

素敵な週末をお過ごしください♪

またまたBollaniを登場させてしまいます!

私、このコンサート、大好きなんです!

皆様、素敵な週末をお過ごしください!


|

«イタリア奏者は、遊び心とパッションたっぷり!